商品情報にスキップ
1 31

清朝 郎窯 窯変釉斗笠茶碗

清朝 郎窯 窯変釉斗笠茶碗

通常価格 ¥136,000
通常価格 ¥0 セール価格 ¥136,000
セール SOLD OUT
税込

時代 : 中国・清朝(1616年 - 1912年)/ 17-18世紀

Size : 高4.9cm 幅12.3cm

清朝で焼かれた窯変釉の茶碗です。
郎窯(ろうよう)とは清代の康煕年間に景徳鎮窯で作られた紅色釉の磁器のことを指し、その由来は江西巡撫の郎廷極が監督していたことによります。
紅色の釉薬は酸化銅が多く含まれたものと考えられ、目が覚めるほど色濃く鮮やかです。
表面に禾目のように細かい筋が入り、茶溜まりと高台脇が少し紫色に発色いたします。
焼成過程に窯の中で釉薬に変色や模様が生じたもので「窯変釉」と呼ばれています。
窯変現象は唐代や明代の頃には、不吉や異形とされ破壊されており、作品として評価がされませんでした。
しかし、清朝以降になると釉薬に対する理解が深まり、春の雲や、荒れ狂う海、疾走する馬の様と窯変を美しいと評価が高まります。
雍正・乾隆期には窯変を縁起のいいものと考えるようになり、色釉として制作されるようになります。
小さな高台を持ち真っ直ぐハの字に開いた形状をしており、中国で頭にかぶる笠に似ているため斗笠碗(とがさわん)と呼ばれます。
高台脇を見るととても厚く施釉されていることがわかり、高台内に白い釉薬を施し、胴と底面で釉薬を分けるのもこの時代の特徴的な作りです。
窯変釉は天と人力の共同の産物とも言え、中国陶磁の茶碗の中でも現代において価値が上がってきております。

目立つ瑕疵(キズ)はございません。全体に光沢があり綺麗な状態です。

※状態、部位などの専門用語はこちらのページをご参考ください。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする