商品情報にスキップ
1 18

織部筒向付(総織部)

織部筒向付(総織部)

通常価格 ¥33,000
通常価格 ¥0 セール価格 ¥33,000
セール SOLD OUT
税込

時代 : 日本・江戸時代(1603〜1868年)

Size : 高7.3cm 幅4.8cm

江戸時代に焼かれた織部焼の向付です。
織部焼では模様を描かれる奇抜なものが主流ですが、この品は銅を呈色剤とした緑釉のみの総織部と呼ばれるものです。
薄く細身の筒状であり、斜め方向にろくろ目と凹凸が節があり、まるで竹を切ったような意匠です。
高台は碁笥底気味に溝のみ彫られており、土は露胎せず透明釉が施されているようです。
とても小ぶりなので茶事に料理を盛る向付として使用していたものと考えられますが、薬などを飲む薬碗としてもおすすめです。

目立つ瑕疵(キズ)はございません。全体に光沢があり綺麗な状態です。

※状態、部位などの専門用語はこちらのページをご参考ください。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする