商品情報にスキップ
1 21

古伊賀ぐい呑(瓶子蓋)

古伊賀ぐい呑(瓶子蓋)

セール SOLD OUT
税込

時代 : 日本・安土桃山時代(1573〜1603年)

Size : 高5.5cm 幅9.6cm

安土桃山時代に焼かれた古伊賀のぐい呑み。
平な底にハの字に笠のように広がります。
もともとは瓶子の蓋であったものを、ぐい呑として転用したものと考えられます。
そのため口となる箇所を下にして焼いており、内面はむゆうであり焼締られたつちのサラサラとした質感を感じることができます。
外側を上向で焼いているため、底から胴に掛けて古伊賀らしい窯内の変化を感じることができます。
ぐい呑として使用した際の底面から肩の一部にかけて、土がなどの降り物が付着いたします。
胴も火の位置により景色が多様で、一部は薪の灰が掛かり溶けたことによるにより乳白色の光沢を呈します。
厚く掛かった箇所は緑色に発色し、口縁部のビードロの釉溜まりがございます。
およそ三分の一は見事な焦げあり、黒色とザラザラの釉肌が自然釉と対照的で、小さいながら見応えのある景色です。

古伊賀の性質上、表面に砂や土の付着がございます。また、表面は荒々しくなっていますが、ニュウ(ひび)などはございませんん。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする