商品情報にスキップ
1 30

南宋 建窯油滴天目茶碗

南宋 建窯油滴天目茶碗

セール SOLD OUT
税込

時代 : 中国南宋(1127年 - 1279年)

Size : 高7cm 幅12.4cm

南宋時代に建窯で焼かれた油滴天目茶碗。
建窯の天目茶碗特有の束口碗であり、内底からハの字にまっすぐ腹部が広がり、口縁部はくびれたスッポン口となります。
宋代の点茶の流行とともに誕生した茶碗の形状で、茶碗内で茶を立てる際に湯が跳ねないためのものと言われています。
高台は器胎に比べ小さく低く丁寧に削られ、高台内も浅く切り込まれているのが特徴です。
建窯特有の黒く粘り気のある土を使い、鉄分を多く含んだ黒い釉薬を一度掛けでたっぷりと掛け、腰部から下は露胎して焼き上げます。
焼成中で釉薬の成分が分離する窯変現象にて、黒い器面には小さな粒状の斑紋が浮かび上がります。
禾目と油滴の中間の形で、外面や内側口縁部付近は茶色いですが、茶だまりに行くにつれ銀色に輝く油滴文の特徴を持っています。
そして、天目茶碗の魅力の一つである高台脇の釉流れが、綺麗に1つ大きな雫として垂れてるのが、この茶碗最大の見どころです。
南宋建窯の天目茶碗は近年とても人気が出てきており、傷の少ないものは手に入れづらくなっております。この機会にぜひご検討くださいませ。
目立つ瑕疵(キズ)はございません。全体に光沢があり綺麗な状態です。

 

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする