商品情報にスキップ
1 31

南宋官窯 青磁稜花口折沿碗

南宋官窯 青磁稜花口折沿碗

セール SOLD OUT
税込

時代 : 中国南宋(1127年 - 1279年)

Size : 高5.6cm 幅15.6cm

南宋に官窯で焼かれた青磁碗。
口縁が12枚の菱形の花びらで水平方向に折れ曲がる形状になっています。この形は宋から作られ、元、明でも作られておりました。
一般的な菱花口折沿形は見込みから繋がる様に口縁で折れ曲がりますが、この陶磁器は返しがつく形で折れ曲がっている珍しい器形を成しています。
花びらの先端から繋がる様に胴にも凹凸が入り、面白いことにその凹凸に沿って縦方向に貫入が入り、花脈のような生命的な印象を持ちます。
口径15.6cmで深さがあるため碗としてのサイズ感ですが、返しがあるためお茶を飲むよりはお菓子を置いたり筆洗として使用したものと考えられます。
高台は南宋官窯らしく薄く作られ、畳付を除く全体に釉薬を施します。
半失透の釉薬は小さな気泡が多く密集しており、翡翠色の淡い青緑色で南宋官窯の青磁釉特有の美しい色合いです。

目立つ瑕疵はございません。全体に光沢があり綺麗な状態です。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする