商品情報にスキップ
1 27

高麗 青磁練上小碗

高麗 青磁練上小碗

セール SOLD OUT
税込

時代 : 朝鮮高麗時代(918年 - 1392年)

Size : 高4.0cm 幅9.8cm

高麗に焼かれた練上の小碗。
練上の技法は中国では絞胎と呼ばれの唐時代から始まり、清まで続きます。
韓国では練里(ヨンリ)と呼ばれています。
中国では2種類の異なる土を混ぜ合わせて、大理石調の斑紋を作り出していました。
それに対し高麗時代の練上は青磁の装飾技法として、青磁土、白土、赫土を用いて3種を用います。
この品は白、灰色、黒がはっきりと分かれ、そこに透明に近い青磁釉をかけることで大理石のような美しい斑紋が描かれます。
青磁練上は異種の土を混ぜるため収縮率の違いから焼成中に破損しやすく、作例は極めて少なく希少です。

目立つ瑕疵はございません。全体に表面に多少のカセがございますが、光沢はございます。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする