商品情報にスキップ
1 25

清朝 窯変釉太白尊小壺

清朝 窯変釉太白尊小壺

セール SOLD OUT
税込

時代 : 中国清朝(1616年 - 1912年)

Size : 高7.4cm 幅9.5cm

清代で焼かれた窯変釉の酒壺です。
この様な形を中国では太白尊といい、詩人で酒仙でもあった「李太白」が持ち歩いていた酒壺の形を模して名付けられました。尊は酒器の壷の意味を持ちます。
小さい口に短い頸、傾斜したなだらかな肩から腹部が徐々に広がって半球形となり、底は平らで浅く削り出されています。太白尊は康熙官窯でも代表的な器形とされています。
表面全体には赤紫色、水色、白に発色する釉薬が施されておりますが、これは焼成過程に窯の中で酸化または還元などにより釉薬に変色が生じたもので「窯変釉」と呼ばれています。
窯変は唐代や明代でも時折起こりましたが、不吉や異形とされ破壊されていました。
清朝以降になると釉薬に対する理解が深まり、春の雲や、荒れ狂う海、疾走する馬の様と窯変を美しいと認識される様になります。
特に雍正・乾隆期には窯変を縁起のいいものとみなし、意識して色釉として特別に制作することになります。
底面は白い釉薬を施してあり、胴と底面で釉薬を分けるのもこの時代の特徴的な作りです。
清朝の窯変釉陶磁器は天と人力の共同の産物とも言えるとても珍しい品です。

高台にホツがございますが、古い時代についたものと考えられます。全体に光沢があり綺麗な状態です。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする