商品情報にスキップ
1 32

高麗 青磁三島象嵌魚文玉壺春

高麗 青磁三島象嵌魚文玉壺春

通常価格 $613.00 USD
通常価格 セール価格 $613.00 USD
セール SOLD OUT
税込

時代 : 朝鮮・高麗時代(918年 - 1392年)末期

Size : 高22.4cm 幅13.4cm

高麗時代末期に焼かれた青磁象嵌の瓶です。
この形は酒器として用いられた「玉壺春」と呼ばれるもので、胴が丸く膨らみ、頸が細くくびれ、お酒が注ぎやすいよう口が僅かに広がっています。
器面には象嵌という、彫った溝に白黒の土を埋める技法で模様が施されます。
その中でも印花(スタンプ)により繰り返し溝を施したもので、日本では三島と呼ばれ大変人気の高い品です。
首には小さめの菊花文を山形に配置し、その下には鶴、更に下には水鳥が描かれます。
広い胴には一面に波濤文を施し、その中を数種類の魚が泳いでいます。
この魚は全体像だけでなく、頭部が出ているもの、尾が出ているものもおり、黒象嵌による水のゆらめきも相まって水の中を飛び跳ねている様です。
更には腰には点文、高台脇には菊花文、口の内側には点文があり、それぞれの図柄に境界線を描き、器面に余すことなく象嵌がされております。
三島は器面いっぱいに象嵌を施すのが主ですが、これだけ多種多様な模様を描くものはなかなかない逸品です。

器面の一部に土の付着が見受けられます。また、腰の三分の一程度は表面のカセも強く茶色く変色をしております。

※状態、部位などの専門用語はこちらのページをご参考ください。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする