商品情報にスキップ
1 20

南宋 官窯 黒色青磁盤口長頸瓶

南宋 官窯 黒色青磁盤口長頸瓶

セール SOLD OUT
税込

時代 : 中国南宋(1127年 - 1279年)

Size : 高15.8cm 幅9.3cm 

南宋に官窯で焼かれた青磁の瓶。
盤のような板状の口、細長い首、肩はやや角ばっており、胴は筒状で底面は平らの器形を成します。
この形状は布を柔らかく叩くための道具を模しており、紙搥瓶とも呼ばれます。
南宋官窯らしい黒色胎土に鉄分が多く含まれたと考えられる青磁釉が掛けられ、それにより通常の青磁よりも黒い緑色の発色をします。
当時の青磁は緑青色が主流だったことから、黒いものはほとんど残されず、数は少なくあまり見かけません。
釉薬が黒みを帯びていることにより、白色の貫入が映えシンプルな器形に表情を作ります。

表面は多少カセていますが、良好な光沢がございます。

商品についてのお問い合わせ

商品について気になる点はお気軽にお問い合わせください。メールまたはLINEにてお受けしております。

>お問い合わせをする

ご購入に関して

・ご購入の際には「ご利用ガイド」と「特定商取引法に関する表記」を必ずご一読ください。

・商品の説明はあくまで個人的な見解になります。

・画像は画面の色などにより実際の商品と色味が異なることがございます。

詳細を表示する

LINE友だち登録で5%OFFクーポン進呈

お得なクーポンをもらえるだけじゃなく、LINEのメッセージ機能を使って、気軽に商品のお問い合わせもできます。また、新着商品の情報の配信をしておりますので、ぜひご登録ください。

LINE友だち登録をする